あまり一般の方に知られていないメヌケ(目抜)とは硬骨魚綱カサゴ目フサカサゴ科メバル属の海水魚のうち、赤色の魚体を持ち、大きさは様々ですが最大で10㎏を超えることもある魚。 その味は脂が強く淡白でとても美味しく、料理法としては「あら汁」や「鍋」が有名です。 水深200~1000mの深い海に生息するため、釣り上げられたとき、水圧の急激な変化により目が飛び出すことから、「目が抜け出る」という意味でメヌケの名がある。 以前は惣菜魚の代表であったとされる「目抜類」であるが、大きいものである上に、値段も高いので、なかなか簡単に手が出なくなっている高級魚です。

※第二桜井丸はこれからの季節に嬉しい釣座ハンドウォーマー付きです。

乗船場が目の前!!無料仮眠所・休憩所ご利用ください。遠方 よりお越しの方は、前泊で気楽に釣行へ清潔な仮眠所・休憩所を完備しております。

※仮眠室(無料)ご利用の方は事前連絡いただきますようお願いいたします。

事務所休憩室(冷暖房完備)仮眠室(冷暖房完備)乗船受付カウンターごゆっくりどうぞ
ページのトップへ戻る